3.実際に何にお金がかかるの?

3.実際に何にお金がかかるの?

それでは、奨学金が支給される前に必要な各種費用について考えてみましょう。

親としては、子どもが望む道を進ませてやりたいと思いますよね?
ただ、現実には、大学進学のためには多くのお金が必要です。

まずは「実際に何にいくらお金がかかるのか」を学んでいきましょう。

大学進学を考えると

・大学の受験料
・大学の入学金
・大学の授業料

 ※授業に使用する書籍代、通学定期代、自宅外からの通学なら下宿代、生活費など

になります。

・大学の受験料

受験料は、国公立大と私立大を比較すると国公立大が安価ですが、
大体1
つの大学で30,00040,000円前後となります。
多くの人は複数大学を受験していますので、通常は150,000円前後ぐらい掛かってきます。

また、遠方の大学を受験する場合、交通費や宿泊費も必要となってきます。
保護者がついていくとなるとその分の費用もかかります。

 

 受験生の宿

 

・大学の入学金

大学によって違いますが、大体300,000円ほどになります。
推薦なら、合格後の高校3年生秋から1月ごろまで、一般受験であれば合格後2週間以内に
入金が必要となってきます。

・大学の授業料

国公立・私立で違いますが、国公立で大体700,000円、私立で大体1,000,000円ぐらいになります。
このほかに、授業で使用する書籍代、場合によっては定期代、下宿代、生活費が必要となります。

 

 

各種費用をトータルすると、最低でも1,200,0001,500,000
進学する大学によっては、2,000,000円ぐらいの準備が必要と考えておいたほうがいいでしょう。

 

奨学金を利用する前に…カテゴリの最新記事