2.とにかく申し込もう!

2.とにかく申し込もう!

説明会に参加して、大体の内容やスケジュールなど確認できましたか?

それができたら、次は第一回目予約採用の申し込みの準備です。
この時点ではまだ奨学金を利用するか決めていないかもしれませんが、
とりあえず申し込みましょう!

確かに、予約採用の申し込みをするときは、
奨学金の希望金額や返済方法などが必要になります。

この時期であれば、まだどの大学に志望するか決めていないため、
どのくらいの費用が掛かるか、
わからない人が多いと思います。

そのため、大学に合格してから奨学金の申し込みをする
在学採用を選ぶ人もいることでしょう。

しかし、考えてみてください。
もし、申し込んだ在学採用で審査に落ちたらどうしますか?

在学採用ですと、ワンチャンスです。
しかし、第一回目の予約採用から申し込んでおけば、
そこで審査が通らなかったとしても

第二回目、さらに在学採用と、チャンスが広がるのです。

今では、大学や専門学校などの1年生で奨学金を利用する人のうち、
約70%が予約採用を利用しています。

さらにいえば、予約採用で申し込んだ内容は、
大学合格時点ではまだ確定ではありません。

進学届(奨学金を利用するために提出する書類)の提出時が
最終決定になります。

その時に変更が可能なのです。
※ただし、全てが変更可能というわけではありません。
どのようなことが変更可能なのかはホームページで確認しておきましょう。

例えば、申し込んでいたけど利用は止めるといった
キャンセルもできます。

その場合でも手数料はかかりません。

奨学金を検討している人は安心して進学できるよう、予約採用を利用し
とにかく申し込みだけはするようにしたほうがよいでしょう。

 

 

 

奨学金を利用するために…カテゴリの最新記事